破水から出産までの時間は?パパも知るべき3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もし真夜中に寝ている時や街中で散歩している時に突然、破水が起きたら…と思うと不安ですよね。

最初に答えを言いますと、破水から出産までのタイムリミットは「24時間〜72時間以内」と言われています。

ここでは破水が起きる原因、もし破水が起きた時のベストな対処法について解説していきます。

ちゃんとした知識があれば慌てることなく、赤ちゃんに会うことだけに集中できます。

破水に関してはプレママやママだけでなく、身近なご家族にもぜひ伝えておきましょう。

[スポンサーリンク]
 

目次:

破水とは、赤ちゃんを包む卵膜が破れて、その中にある水分(羊水(ようすい))が子宮口に向かって流れ落ちることです。次のイメージを見ると分かりやすいです。

201602hasui
画像引用元:妊娠@ガイドブック「破水とは?(前期破水、遅滞破水)」より

破水すると水風船が割れるような音がして羊水が勢いよく出るケースもあれば、急に少しずつチョロチョロと流れ出るケースもあります。

また、通常は赤ちゃんが産まれる直前に破水し、産道を濡らしてお産をスムーズにさせる働きがあります。

この赤ちゃんが産まれるタイミングをよく産婦人科では「子宮口が全開」などと表現します。

全開になるといつでも産める状態で、赤ちゃんが産まれる指標として使用されます。

子宮口の開き具合をセンチメートルで表し、この時の子宮口の全開は 10cm ほどです。

また「子宮口が開く」という表現ですが、実際には開いているのではなく子宮口が“マシュマロのように柔らかい状態”のことを指すそうです。

新生児の足

破水してから出産までのタイムリミットは、24時間〜72時間以内です。

東京の中央区にある聖路加産科クリニックで助産師を務める堀内 成子先生は、この時間について次のように解説しています。

破水すると、それが刺激になって自然に陣痛が始まることが殆どです。

もし、なかなか陣痛が始まらないようであれば、陣痛促進剤などを使って、陣痛を起こしてお産になるようにします。

大体、(陣痛が始まって)24時間〜72時間以内にお産になるように、という方針の病院が多いようです。

引用:ベビカム「前期破水って?」より

つまり、破水したら陣痛が始まることが多く、この時から数えて24時間〜72時間以内にお産をすることが一般的のようです。

陣痛は個人差がありますが、破水してしまうと自然とタイムリミットが発生してしまいます。

それではなぜ破水が起こるのでしょうか?

次にその原因を探っていきます。

時計

破水の原因は様々な要因が考えられるため、原因の特定が難しいと言われています。

具体的には主に次のことが挙げられます。

  • 出産前のセックス
  • 羊水過多(ようすいかた・羊水が多過ぎる)
  • 多胎妊娠(たたいにんしん・双子など赤ちゃんが2人以上の妊娠)
  • 喫煙
  • 性感染症
  • 高齢出産

また、破水は妊婦の状況によって次の4つの種類に区別することができます。

  • 適時破水
    正常な破水。子宮口が全開大(10cm以上)の大きさになり、赤ちゃん産まれるタイミングで破水すること
  • 前期破水
    陣痛がまだ起きていない段階で破水すること
  • 早期破水
    規則的な陣痛が始まって子宮口が全開大(10cm以上)になる前に破水すること
  • 高位破水
    子宮口より遠い位置で卵膜が破れる破水のこと。他と異なる特徴は、妊婦自身が破水に気づきにくい

次の図を見ると前期破水と早期破水の違いが明確になりますよ。

201602jintsuu
画像引用元:NPO法人お産子育て向上委員会

早期破水の場合、その後も陣痛が強まってお産が進めば特に問題ありません。

また高位破水の原因として、重たい物を持ち上げてお腹に力が加わったり、激しい性交渉をしたり、またその性行為で細菌が侵入したりなどの可能性が考えられています。

出産予定日を控えている妊婦は、なるべく安静にするのが良いでしょう。

続いて、まだ陣痛が来る前に自宅で破水=前期破水が起こった時の対処法を解説していきます。

ここでは破水の中でも陣痛前に起きる前期破水の対処法について解説します。

まず、主に次の3つのポイントが挙げられます。

  • すぐにかかりつけの産院へ連絡する
  • 産院への移動はタクシーを利用する
  • 破水したままの状態で病院へ行くこと(シャワーは絶対NG!)

1つ1つ解説していきましょう。

破水を別の側面で見た時、妊婦の子宮内で守られていた赤ちゃんが突如として外の世界へとつながります。

これは細菌感染への危険性を意味しています。

この病気の症状としては、発熱・悪寒(おかん)・全身の体調不良感や不快感などがみられることが多いようです。

また、頭痛・食欲不振をともなうケースもしばしば見られます。

最悪の場合、重度の合併症や死に至ることもありますが、昔と違って医療の技術も進んでいるため、そのようなケースは多くはありません。

とにかく、破水と感じたらすぐにお世話になっている産院へ連絡して指示を仰ぎ、移動の準備をしましょう。

※ 参考記事:メルクマニュアル医学百科「産後の感染症」より

あまり動かないようにタクシーを利用します。もし、パパが一緒なら車を出してもらいましょう。

自分で車を運転することは絶対NGです。ただでさえ破水で気持ちが不安定なのに、事故でも起こしたら本末転倒です。必ずドライバーに運転してもらいましょう。

ちなみにタクシーでも破水したことを事前に伝えないと乗車拒否をされる、なんてことはないとは言い切れません。(そのドライバーの倫理感にもよりますが…)

今は陣痛タクシーマタニティ・タクシーなどのサービスもあるので、事前に連絡して情報登録しておくことをお勧めします。

駅前のタクシー広場

「病院で診てもらうならキレイな状態にしなくては」という考えでシャワーやお風呂に入るのは絶対にNGです。

「すぐにかかりつけの産院へ連絡する」で解説したとおり、破水は赤ちゃんが外の世界とつながることを意味します。

つまりシャワーを浴びることで細菌感染の可能性が高まるためNGです。

破水したら清潔なバスタオルでキレイにして、そのままの状態で病院へ向かいましょう。

ここでは実際に破水を体験したママたちの次のケースをご紹介していきます。

その時、ママたちはどう対処したのか。また「あの時これをしていれば…」など興味深いお話がうかがえます。

1998年スタートした実際の医師や看護師、助産師らがアドバイスするママのためのサイト『ベビカム』。

ここの口コミに投稿した静岡県在住の28歳(当時)の先輩ママ、N.M さんは次のように回想しています。

(破水から)12時間後、無事に出産。

急に歩きすぎたのか、私が太りすぎたのか、突然だったので本当にびっくりでした。

普段冷静な旦那が慌ててくれたおかげで、逆に落ち着き、冷静になった自分がいました。

ベビカム「破水で布団がびっしょり。いつも冷静な旦那がオロオロ」より

N.M さんの旦那さんの帰りがその日は朝方のため、帰りを待って朝5時に横になろうとした時でした。

少し軽めの痛みがあり、気のせいかと思ってまた横になろうとしたら破水に気づきます。

破水した時、まるで生理の時のように「シーッ」と温かい水が下から流れ出てきたと言います。

38週目(10カ月と3週目)の検診で、お産は予定日頃になると言われての破水に旦那さんも慌てたのかもしれませんね。

大手企業リクルートグループが手がける出産育児サイト『赤すぐnet』。

このサイトの体験コーナーに投稿した ミホ さんは2014年、第1子となる女の子を出産しました。

その時のことを次のように振り返っています。

陣痛と向き合っていた時間は約10時間ということになります。

「破水から38時間」かかったのは本当ですが、38時間苦しんでいたわけではありません。

赤すぐnet みんなの体験記「破水から38時間の出産。それが意外と辛くなかったワケ」より

ミホ さんはちょうど出産予定日の朝4時頃に破水してしまいます。

それからすぐに病院に行って診てもらった結果、すぐに入院することになりました。

でも軽い痛みはくるものの、なかなか陣痛が来ません。

破水してから28時間後の朝8時頃に痛みが増し、ここから本格的な陣痛が始まってこの約10時後に無事に出産。

この時ミホ さんは「気持ち悪くて食事もとれなかった」と感想を漏らしています。

特に長時間の場合、妊婦は体力を付ける必要があるので助産師さんは食事を勧めることがあります。

その時に食事ができなかった、ということですね。

同じ『赤すぐnet』にご自身の破水体験を投稿した しず さんは、2015年に初出産して男の子を授かりました。

陣痛からトータル9時間程で産まれてきてくれて、本当にスムーズで助かりました。

9時間が本当に一瞬です。

赤すぐnet みんなの体験記「予定日2日前。おしるし、破水から出産までの10時間をレポート」より

しず さんの場合、予定日の2日前に破水しました。

最初はお漏らししたのかと思い、ただその量が多かったことが引っかかり病院に問い合わせたところ「入院準備を持って病院まで来てください」と言われます。

破水から2時間後に病院に到着し、すぐに点滴を打たれました(この時、子宮口の開きは2cm)。

この後、痛みが増してきたため分娩室(医療器具がそろった出産する部屋・手術室)に移動し、陣痛と陣痛の合間に何とか少しだけでも寝るようにしました。

その結果、子宮口は7cmまで開きますがこの後、痛みのピークが2時間続きます。そして無事に出産することができました。

お産にかかる時間は個人差がありますが しず さんの場合、スムーズに進んだケースかもしれません。

破水したらまずは病院に連絡して、すぐに病院に向かいましょう。

パパが一緒にいるなら車を出してもらい、パパがいなければ事前に確認していたタクシー会社に連絡して移動しましょう。

赤ちゃんを守れるのはあなたしかいません。迅速な行動を心がけると後で後悔することもないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[人気記事の紹介]
はじめてのマタニティパジャマの選び方

そもそもマタニティパジャマって必要なのでしょうか?


ここでは、マタニティパジャマに関する次のような素朴な疑問に分かりやすく解説しています。



  • マタニティパジャマは必要か?

  • マタニティパジャマの選び方

  • 病院にパジャマを持参する方へ


この他にも「大人可愛いマタニティパジャマ」「寒い季節のマタニティパジャマ」などご紹介していきます。


ママ仕様のパジャマ選びに興味のある方は、こちらからお読みください。





SNSでもご購読できます。