出産の体験談!先輩ママからの4つの助言

出産予定日を間近に控えて少し不安を感じているママもいるかもしれません。

大丈夫です。みんな不安だったけど、しっかり丈夫な子供を授かっています。

ただ少しでも不安を和らげるため、ここでは実際に子供を授かった先輩ママさん4人の体験談をご紹介していきます。

参考にできる心強いエピソードばかりです。ぜひ、一読ください。

続きを読む

出産時の会陰切開で不安を解消する5つの知識

「会陰切開」という言葉だけ聞くと、ママの体の一部を切るんでしょ?と不安が襲ってきますね。

ここではそんな不安を解消し、正しい知識を身につけていただくため、会陰切開に関する5つの基礎知識について解説していきます。

助産師さんやママの体験談のもと、信頼度の高い情報が提供できるよう心がけています。

続きを読む

もうすぐ出産!初めてのママが復習すべき3つのこと

出産を間近に控えて、もう少しで我が子に会える嬉しさ半分、無事に出産が済むかの不安が半分。でも出産日は必ず訪れます。

そこで出産当日にパニックにならないためにも、お産に関する復習をしましょう。

ここでは次の3つのポイントについて分かりやすく解説していきます。

  • 出産の流れ
  • 入院準備に必要なものまとめ
  • 出産当日のママの体験談

専門用語にも、あえてうるさく補足を入れました。復習の意味を込めて是非、ご一読ください。

続きを読む

産後に起きる体調不良、14パターンの症状まとめ

お産してから、急に体のどこかの部分に違和感を感じるママはたくさんいます。

そのような悩みを解決するため、ここでは下記5つのジャンルに分けて、14パターンの症状について解説していきます。

  • 産後に注意すべき症状
  • 痛みを感じる体調不良
  • 下半身にまつわる体調不良
  • 外見や肌に関わる症状
  • 産後に気にすべき体調不良・体調管理

産後のママの体の中ではいろんな事が起きています。その基礎知識があると、産後も安心して過ごせます。ぜひ、一読してください。

続きを読む

はじめての出産!ママが知っておくべきお産5つの流れ

予定日を間近に控え、はじめての出産は不安な気持ちでいっぱいのママは少なくありません。

本番当日に少しでも安心できるように、ここでは出産の流れを次の5つのステップに分けて、分かりやすく解説しています。

  1. 出産が始まるサイン
  2. 陣痛(じんつう)
  3. 破水(はすい)
  4. 出産
  5. 最後の陣痛

はじめてのママが読んでも理解しやすいように紹介しているので、安心して読み進めてください。

続きを読む

出産時にテニスボールを使う理由+3つの基礎知識

はじめての出産を控えているママはきっと「テニスボールを何に使うの?」と疑問に思うかも知れません。

ここでは出産時にテニスボールを使う理由とタイミング、そして使い方について分かりやすく解説していきます。

最後にテニスボールを使用したママの体験談も掲載しているので、合わせてお読みください。

続きを読む

出産当日は何をしていた?ママの声11選まとめ

お産を経験したママたちは出産当日、どう過ごしていたのか気になりますよね。

ママの出産体験が投稿された出産育児サイトを調べると、大きくは次の3つに分けることができます。

  • 自宅でくつろいでいた 
  • 外出していた
  • 破水したので病院へ

ここでは実際のママの声をピックアップして、具体的にどう過ごしたのかをご紹介していきます。

続きを読む

出産時に気になる3つのこと|排便、会陰切開、剃毛

お産を間近に控えたママは「出産時に便をしたらどうしょう・・」など、お産時をイメージして不安や心配が出てきます。

ここでは出産時に特に気になる排便、陰部の切開、アンダーヘアの処理の3つについて解説していきます。

はじめてのママでも分かりやすいように専門用語は全て補足を入れています。安心して読み進めてください。

続きを読む

出産の不安を吹き飛ばせ!先輩ママ4人のアドバイス

出産を控えているママは、本当に不安で仕様がありません。パパに相談してもいまいち共感してもらえないし、「本当にお産を無事にできるだろうか・・」と心配がつのってきますよね。

不安の種は主に次の2つではないでしょうか。

  • 死ぬほどの痛み(陣痛)に耐えられるか?
  • 無事に我が子を産むことができるか?

ここでは同じ不安を抱えていた4人の先輩ママのためになる情報をご紹介していきます。

出産前のママが、少しでも気持ちを軽くできる情報ばかり集めました。怖くて当然。お腹の中にいる赤ちゃんと接しながら読んでみてください。

続きを読む

厄年(やくどし)の出産は大丈夫?安心して出産を迎える方法

最初にお伝えしておくと、厄年が少しでも気になるなら地元の神社や厄除け(やくよけ)で有名な神社でお祓(はら)いをしましょう。

ここでは、厄除けを勧める理由、厄年の出産で知っておくべき事、厄年の言い伝えについてどう対処するかの方法を解説していきます。

歴史上の人物も厄年を信じて対処しています。たかが迷信、されど迷信。産まれてくる赤ちゃんのことを考えてしっかり向き合ってみましょう。

続きを読む