妊娠初期に多い肌荒れ5つの対策+先輩ママお勧め2化粧品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

妊娠初期の4〜15週(妊娠2〜4ヶ月)に肌が荒れやすくなって悩む妊婦さんは少なくありません。

ここでは次の流れで肌荒れの原因、改善・防止対策、先輩ママのお勧めケアアイテムをご紹介していきます。

  1. 妊娠中に肌荒れに悩んだママたちの症状
  2. 妊娠初期に起こる肌荒れの原因
  3. 妊娠初期の肌荒れ対策5つのポイント
  4. 先輩ママが教えるお勧めの肌アイテム2つ
  5. 一言アドバイス:加湿器の選び方

この肌荒れはずっと続く訳ではありません。妊娠中期に入ると落ち着いていきます(個人差あり)。

そのような基礎知識、また先輩ママさんたちの貴重な情報は参考になるかと思います。

[スポンサーリンク]
 

新宿に拠点をかまえるタカナシクリニックの髙梨院長監修の記事によると、「肌荒れ」とは具体的に次の不快な症状を指すようです。

カサカサになる、くすむ、赤くなる、かゆみが生じる、毛穴が開く、吹き出物やニキビができるといった皮膚の不快な症状を「肌荒れ」と言います。

引用:スキンケア大学「肌荒れを改善する方法

これをふまえて、実際の先輩ママたちは妊娠初期にどのような肌荒れに悩んだのでしょうか?

ここでは通信教育の大手ベネッセグループが運営する口コミサイト『WOMEN’S PARK(ウィメンズパーク)』の中から先輩ママの体験談をいくつかご紹介します。

(このサイトは妊娠・出産に関する口コミ情報が膨大で、実際に筆者である私も大変お世話になりました 笑)

※ここでは先輩ママの症状・対策をご紹介しています。特に対策に関しては個人によって改善状態は異なります。必ず改善される方法ではないことをご了承ください。

1-1.粉を吹くほどの乾燥肌

mio-goof さんは妊娠初期、寒い季節も相まって胸・お腹・背中にかけて乾燥がひどく、粉をふくほどだったようです。

この時、少しでもスキンケアを怠ると赤い肌荒れができ、数週間消えませんでした。

ニベアにオイルをまぜたものを塗ったりしましたが、塗り忘れるとすぐに粉をふく…

そのうち首から胸にかけて赤い肌荒れが出来て、2~3週間消えなかったので産院で軟膏を貰いました!

mio-goof さん(2016/03/03)

その軟膏でのケア、またメディカルクリームをお腹と背中に塗った結果、粉をふくほど肌が治まったようです。

妊娠後期になったら肌荒れ自体は落ち着き、毎日行っていたケアの数も減ったようです。

1-2.身体中にじんましん

rehema さんは2児のママですが、1人目も2人目も妊娠初期、体中に じんましん のような発疹が出たようです。

けっこう長く発疹がありましたが、ただひたすら心を無に。

一応ささやかな妊娠線対策?としてジョンソンの高保湿クリームを身体中にずっと塗っていました。

rehema さん(2016/03/03)

妊娠初期は冬でその後、春から夏にかけて発疹はおさまりました。

産後、彼女の体には発疹など全く現れず、「肌が弱めの方には妊娠中よくあることのようです」とコメントしています。

1-3.顔のニキビがひどかった

ぽーるこちゃんさんの場合、妊娠30週(妊娠後期)になっても顔全体のニキビが引かず、ひどかったそうです。

色々お医者さんにも聞きましたが、ホルモンバランスでこうなっているので、正直どうしようもないというのが結論でした。

ぽーるこちゃん(2016/04/02)

医師も「肌を清潔にして、ストレスをためず、産後に直るから気を楽にして」というアドバイスのみで彼女は非常に悩みました。

そんな時、洗顔後にニベア(青缶)を塗ることで大きなニキビは改善されました。

そしてガサガサが落ち着いたことでストレス解消にもつながったと語っています。

1-4.アトピーがひどくなった

おはるさんまま さんの場合、妊娠5週目から全身のアトピー症状がひどくなりました。

頭皮から足の裏まで発症し、かきすぎて体はかさぶただらけ、お風呂に入るのも辛かったと語っています。

皮膚科でも産婦人科でも、
「辛いけど、出産したら嘘のように治るし、お母さんから毒素が出ていて赤ちゃんはきっとキレイな子だよ。」
と言われた事を励みに耐えました。

おはるさんまま さん(2016/04/03)

おはるさんまま さんは出産の前日まで皮膚科で処方された強い薬を塗っていました。でも出産後は改善されたようです。

そして生まれた赤ちゃんは問題なしで、色白のツルツル肌であることをコメントしています。

肌荒れの原因について様々な要因が考えられますが、1つに特定するのは難しいのが現状のようです。

ここでは特に妊婦さんの肌荒れを対象とした、次の3つの原因についてお話しします。

  • 女性ホルモンの変化
  • つわりによる食事の偏り
  • 便秘

専門語を噛み砕いて、分かりやすく説明していきますね。

2-1.女性ホルモンの変化

妊娠中には女性ホルモンの分泌が活発になり、中でも体に影響を与える女性ホルモンとして主に次の2つが挙げられます。

  • エストロゲン(美肌ホルモン)
  • プロゲステロン(不細工ホルモン)

「エストロゲン」は卵をつくる役割をになう、卵巣(らんそう)から分泌される女性ホルモンの1つです。

つややかな肌・豊満な胸・たくさんの髪など、女性的な体を作る働きをサポートする役割から“美肌ホルモン”とも呼ばれています。

一方、「プロゲステロン」は排卵直後から卵巣で作られる女性ホルモンの1つ。

女性の体が妊娠しやすいようにサポートする重要なホルモンです。

しかし、生理前の肌荒れ・むくみ・イライラなどの原因でもあることから“不細工ホルモン”とも呼ばれているとか(笑)

妊娠初期は不細工ホルモンが多い

妊娠期、このエストロゲンとプロゲステロンは、女性の体に大きな影響を与える女性ホルモンです。

さて、下記のグラフが分かりやすいのですが、ちょうど妊娠初期(妊娠4〜15週)の期間は、美肌ホルモンより不細工ホルモンの量が上回っています。


▲参照画像:gooベビー「体のあちこちに色素沈着!原因はホルモンにあり

およそ妊娠18週で美肌ホルモンと不細工ホルモンは同じ量に達し、その後は美肌ホルモンの量が上回った状態ですね。

このことからも妊娠初期は肌荒れしやすい状態であることが分かります。

2-2.つわりによる食事の偏り

一般的に妊婦の80%ほどが「つわり」を経験するといわれています。

これについて銀座ケイスキンクリニックの院長である慶田(けいだ)先生の監修した記事が参考になります。

慶田先生は、つわりで食べ物が特定の物に偏ることで、水分や栄養が十分に摂取できていないことを指摘しています。

(つわりで)甘いものや脂っぽいものしか食べられなくなる人も多いでしょう。

そのため、美肌に欠かせないミネラルやビタミンが不足しがちなのです。

引用:スキンケア大学「妊娠中の肌荒れの原因と対策

また、妊娠して乾燥肌がひどくなり、つわりで今まで使用していボディクリームの臭いがダメになって使用できなくなったママさんもいます。

つわりで乾燥肌が悪化するところでしたが、妊娠専用のケアクリームで解消したようです。

2-3.便秘

妊娠前はお通じが良かったのに、妊娠してから便秘がちになった妊婦さんは少なくありません。

妊婦が便秘になる原因は、先ほど解説したプロゲステロン(不細工ホルモン)の影響によるもので、大きくなった子宮が腸を圧迫する、ストレスなどが考えられます

この便秘が長く続いてしまうと、肌荒れの原因となることが分かっています。

このメカニズムは次の流れから分かります。

■便秘になると肌荒れになるメカニズム

便秘が長く続くと、腸内で有害物質・ガスが発生する

出口がふさがっているため、有害物質は腸から血液中に溶け出し体全身へ巡る

汗・皮脂などの形を借り、有害物質は毛穴から体外へ放出される

肌細胞は有害物質の排出に手間をかけ、肌の新陳代謝への働きが通常より遅れる

肌に溜まった汚れ・余分な水分が排出できない

肌の状態が悪くなる

※参考情報:ヘルスケア大学「便秘と肌荒れの関係性(すなおクリニック 土屋院長監修)」

つまり便秘による有害物質の逃げ場がなくなり、最後は肌から排出。これにより肌機能の通常の働きができなくなり結果、肌荒れになってしまう。

便秘対策として主に食事改善、水分の補給、適度な運動などが挙げられますが、後ほど詳しく解説します。

妊娠中の肌荒れの改善、肌荒れ防止策として次のポイントがあります。

  • 毎日しっかり洗顔をする
  • 低刺激のスキンケア製品を使う
  • しっかり水分を摂る
  • 睡眠を取ることを心がける
  • 冬は湿度管理で乾燥を防ぐ

全て無理なくできることなのでぜひ、試してみてください。

3-1.毎日しっかり洗顔をする

医者が応えるQ&Aサイト『Doctors me(ドクターズミー)』にある医師監修の記事によりますと、妊娠期に増える「皮脂(ひし)」をしっかり洗い流すことが大事だと指摘しています。

また洗い流した後は柔らかいタオルで水けをきちんと拭い、化粧水、乳液やクリームなどでしっかり保湿も行いましょう。

引用:Doctors me「妊娠中お肌トラブル。医師が教える【簡単肌荒れ対策】とは!

ちなみに皮脂とは簡単に言うと肌の毛穴から分泌される油状の物質のことで、皮脂が作る薄い皮膜により皮膚は守られます。

よって健康な肌を作るために不可欠な成分ですが、ただ皮脂の過剰分泌は肌荒れの原因となってしまいます。

洗顔のコツは、妊娠中の敏感肌を摩擦で刺激しないよう、優しく手短に1分以内で済ませること。

3-2.低刺激のスキンケア製品を使う

妊娠中は敏感肌になりがちです。

「妊娠前に使用していた化粧品が合わなくなった」と肌荒れを訴える妊婦さんも少なくありません。

そこで刺激の少ない無香料・無着色の基礎化粧品をお勧めします。

肌で悩める方々の相談を毎年1000人程受けているスキンケアカウンセラー 兼 美容液研究家 、松原 好克(よしかつ)さんは、妊娠中に脂質が増えた妊婦さんに次の2つを勧めています。

  • ビタミンC誘導体入りの化粧水
  • オイルフリー / オイルカットの保湿美容液

皮脂の分泌量を少しでも抑えるため「ビタミンC誘導体」の表記がある化粧水が良いようです。

ビタミンC誘導体は、若干ですが、皮脂の分泌を抑える作用と皮脂の酸化予防効果があります。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • 3-O-エチルアスコルビン酸
  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビルリン酸Na

と表記されたビタミンC誘導体がお勧めです。

引用:LATTR「 妊娠中の肌荒れトラブル、原因は?症状別スキンケアポイント

そして、オイルフリーの保湿美容液を使うことで、テカリの軽減やニキビ防止といった効果も期待できるようです。

これは保湿成分を補い、肌の水分量を増やすことで皮脂とのバランスが整うこと。

また、保湿を促すことで毛穴周りの皮膚を柔軟に保ち、詰まりを防止することが理由です。

3-3.しっかり水分を摂る

通っている産院のお医者さんにアドバイスを受けているかと思いますが、妊娠中は水分を多目にしっかり摂りましょう。

妊娠中は赤ちゃんの血液・赤ちゃんを守る羊水を作るため、また体重の増えた妊婦は汗をかきやすくなるため多くの水分が必要です。

水分を摂らないと母体から水分が摂られていき、肌が乾燥しやすくなります。

すると結果的に肌荒れが起きやすくなります。

生まれてくる赤ちゃんのため、ママの健康のため、そして肌荒れ防止のためにも、普段から意識的に水分を摂りましょう。

3-4.睡眠を取ることを心がける

渋谷にある医療法人ララクリニックで勤める川端 愛子さんは、20年近くの現場実績を持つ皮膚のスペシャリストです。

そんな彼女は成長ホルモン(体の機能を正常に働かせる生理物質)が正常に分泌されることで、肌や体調が整いやすくなると指摘しています。

「眠り始めの最初の3時間の質を高める」という方法があります。

それは最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが分かってきているためです。

引用:スキンケア大学「美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」

質の高い睡眠を取るために、食事は寝る3時間前までにすませ、寝る直前のテレビ・スマホ閲覧は避けるなどの工夫が大事だと触れています。

また、睡眠を取ることで、疲労回復と自律神経(じりつしんけい)を安定させる効果もあるようです。

自律神経は内臓を働かせたり、血液を流すなどの“無意識のうちに体の機能をコントロールしている神経”を指します(この他にも栄養分の吸収、老廃物の回収など)。

睡眠不足である・疲労感がとれない・肩が凝るなどは、この自律神経の乱れが原因だと言われています。

ただ妊娠中はつわりや胎動、妊娠前よりも敏感になっているためぐっすり寝れずに寝不足になることもあります。

それでも肌荒れ解消のため、体調を良好にするため、なるべく睡眠を取ることを心がけましょう。

3-5.冬は湿度管理で乾燥を防ぐ

「3-3.しっかり水分を摂る」でもお伝えした通り、妊娠中は乾燥しやすい肌になります。

そして冬の時期は12月から一気に湿度が下がり、翌年1月〜2月と空気が乾燥しやすくなります。

これに加え、寒さによって人間の体は血流が悪くなり、栄養が隅々まで行き届かなくなると健康な肌を作る機能が低下します。

このダブルパンチで冬は特に乾燥しやすい肌になってしまいます。

肌乾燥を防ぐために加湿器があると心強いですね。

ちなみにエアコンの暖房や石油ファンヒーターも実は部屋を乾燥させやすくします。

部屋がある程度 温まったら電源OFFを心がけると良いでしょう。

もし加湿器の購入を検討している方は、後述する「一言アドバイス:加湿器の選び方」をご一読ください。

先輩ママたちも妊娠初期は肌荒れに悩まされました。

口コミサイト『WOMEN’S PARK(ウィメンズパーク)』では、妊娠・出産・育児に関するママ達の膨大な体験情報が閲覧できます。

この中に「どのようなスキンケア製品で妊娠中の肌トラブルを乗り切ったか」について調べた体験談をご紹介していきます。

敏感肌のプレママやママにお勧めの化粧水
市販の化粧水を試してあまり効果を感じなかった方は「妊娠中に使用できる貴重なオススメ化粧水6選」を参考にしてください。

その1:ニベアクリーム(中缶)

花王 ニベアクリーム

商品プチ解説:
ニベアクリームとは保湿スキンケアクリームのことで、価格は300〜400円程。愛称は“青缶”。

超定番の保湿スキンケアクリーム「ニベアクリーム」を知らない人はいませんよね(笑)

少し前に話題になったのが、マドンナやブラッドピットをはじめ世界のセレブリティが愛用する高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」とニベアクリームの成分がほぼ同じだったこと。

この優れたスキンケアクリームは様々な使い方もネット上で見つけることが出来ます。

ここでは『WOMEN’S PARK』にあった妊娠中に使用した先輩ママ達の声をご紹介していきます。

そんな中でも私の場合は、洗顔後ニベアの青缶のみを塗ることですこーし改善されました。大きいニキビが出来にくくなりましたし、ガザガザが落ち着きました。

ぽーるこちゃん さん(2016/04/02)

今まで、ジョンソンアンドジョンソンのベビーオイル使ってたんですが、カサカサが良くならなかったので、試しにニベアの青缶塗ってみたら、カサカサが落ち着いたので、使ってます!

ちびっこりえ☆さん(2016/05/07)

ちなみに1人目のときは初期の頃からずーっとニベアの青缶でした!

塗りたくっていた事と、乾燥しやすい冬の時期は、ミスト状で噴射できる化粧水を馴染ませてから青缶を塗っていた事もあってか、1人目のときは妊娠線0でしたよ^^

とんとん豚 さん(2016/05/07)

手や足にはお風呂上がりにニベアの青缶を塗っています☆こちらも乾燥が目に見えて良くなりましたよ(*^^*)

ぴーちゃー さん(2016/05/13)

ニベアクリームの正しい使い方

ただし、できてしまったニキビにクリームを付けるのはNG。ニキビを悪化させるかもしれません。

ニベアクリームは油成分でできてるため、ニキビの原因となるアクネ菌は脂質が大好物。アクネ菌をより繁殖させる=ニキビが悪化する可能性があります。

ニベアクリームの正しい使い方は、洗顔や入浴の後に化粧水を使った後、スキンケアクリームとして使うこと。

そこで次のハトムギ化粧水につながります。

その2:ハトムギ化粧水

ナチュリエ ハトムギ化粧水

商品プチ解説:
ハトムギ化粧水とは天然ハトムギエキス(保湿成分)を配合した化粧水で、価格は500〜600円程。
無香料・無着色のシンプルな処方、低刺激性で肌に優しいため、肌トラブルで困っている方に人気があります。

チューコッコ さんは妊娠初期の頃、鏡を見るのが辛くなるほど肌荒れがひどかったようです。

つわりが引いた頃から食事の偏りもなくなり、以前のようなスキンケアができるようになりました。

この時に使用したハトムギ化粧水とニベアが効果があったことを語っています。

お風呂上がりはハトムギ化粧水とニベア(青缶)を顔と全身にたっぷり塗って、

お部屋→→涼む→→汗が引いたら服を着る。

っていうのを続けてますよ(o^^o)
一応コレで大分良くなったので、少しでもお力になれたらと思いますm(_ _)m

チューコッコ さん(2016/04/02)

みぃこ0817さんは、妊娠してからつわりがひどくなり、寝不足、体型の変化などが誘発したのか、吹き出物・ニキビ・ニキビからの出血と肌はボロボロ状態だったようです。

でも妊娠後期になってから肌が改善したことをコメントしています。

安定期に入って体調が良くなってきてから急に肌が綺麗になってきて、妊娠8ヶ月の今はハトムギ化粧水とニベア青缶だけしか使ってません(^ー^)

みぃこ さん(08172016/04/02)

ハトムギ化粧水は、家にあったスプレーボトルに詰め替えて「ミストを浴びるように使っていた」というからアイデアママです。

ホルモンバランスが安定すると肌トラブルは良くなりますが「洗顔・水分・保湿は重要」だと感じたとも語っています。

ただ加湿器と言っても多種多様で選ぶのに悩んでしまいますね。

筆者の出産は2014年の秋で、その後の冬を迎えるため加湿器は必須でした。

その時に役立ったのがダイニチ工業さん記事「加湿器の比較と特長を知る うるおい講座 DAINICHI」です。加湿器の種類がイラストで分かりやすく解説しています。

結果的にハイブリット式(加熱気化式)の「SHARP ハイブリッド式 加湿機」を購入しました(2014年当時)。

SHARP 加湿器

SHARP(シャープ)加湿器

主なメリットは次の2つです。

  • 他社の製品と比較して、雑菌などの飛散の心配がない
  • フィルターが洗える

他社製だと「交換用フィルター」というものを別途購入して設置する必要があります。

でも私たちが購入した加湿器はフィルターが洗えるため、交換用フィルターの購入費は不要です。

ただ一番良い購入方法は、このような事前情報を得て、実際に近くの家電量販店に行って説明を受けることです。そこで気に入れば購入しましょう(ポイントもつきますしネ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[人気記事の紹介]
はじめてのマタニティパジャマの選び方

そもそもマタニティパジャマって必要なのでしょうか?


ここでは、マタニティパジャマに関する次のような素朴な疑問に分かりやすく解説しています。



  • マタニティパジャマは必要か?

  • マタニティパジャマの選び方

  • 病院にパジャマを持参する方へ


この他にも「大人可愛いマタニティパジャマ」「寒い季節のマタニティパジャマ」などご紹介していきます。


ママ仕様のパジャマ選びに興味のある方は、こちらからお読みください。





SNSでもご購読できます。