「出産祝い」ページ一覧

二人目・三人目の出産祝いで悩まない素敵な贈り物15選

二人目、三人目の出産祝いを考える時、もしかすると出産祝いの中でも一番悩ましいかもしれません。

なぜなら上の子がいるので、お兄ちゃんやお姉ちゃんが使った物をお下がりとして利用し、育児品など間に合っている可能性が高いからです。

ここでは出産祝いの相場をはじめ、上の子を考慮した二人目・三人目の出産祝いプレゼントを次の流れで提案していきます。

  1. 二人目、三人目の出産祝いの相場
  2. 性別が上の子と同じ場合の出産祝い
  3. 性別が上の子と異なる男の子向け出産祝い
  4. 性別が上の子と異なる女の子向け出産祝い
  5. 便利な育児アイテム:出産祝い編
  6. それでも悩むあなたへお勧めの出産祝い

ここでの内容がプレゼントを選ぶヒントになれば幸いです。

続きを読む

出産祝いで最強におしゃれなベビー服プレゼント47連発!

おしゃれなベビー服を出産祝いに考えているけど、いったいどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、次の2つのポイントにしぼって、おしゃれベビー服の例をあげてみました。

  • とにかく見た目を重視
  • 定番な出産祝いではなく、一線を画すデザインを優先

ベビーブランドを中心に次の14メーカーの47商品を厳選しました。

  1. Frugi (フルーギ)
  2. BIBPA(ビブパ)
  3. next(ネクスト)
  4. Huggalugs(ハガラグス)
  5. SYTLE STORE(スタイル・ストア)
  6. niva(ニヴァ)
  7. Bebe au lait(ベベオレ)
  8. Petit jam(プチジャム)
  9. SHOKAY(ショーケイ)
  10. キッズ – H&M
  11. PETIT BATEAU(プチバトー)
  12. GAP ベビー
  13. Moujonjon(ムージョンジョン)
  14. kodomobeams(こどもビームス)

各ブランドについてしっかり解説していますので、初めて出産祝いのプレゼントを検討する方でも分かりやすく紹介しています。

また一部、どうしてもご紹介したかった可愛い小物や授乳ケープなども掲載していますことご了承ください。

※もし初めて出産祝いを贈る場合、先に「出産祝いの金額相場」「いつ頃贈るのがベストか?」を読んでおくことをお勧めします。

続きを読む

本気の出産祝い!もらって嬉しい最強の子供ブランド36選

出産祝いを贈ろうと思っても「ベビー用品のブランドなんて知らない」という方は多いかと思います。

そこで、ここではベビー用品を扱う人気ブランドを次の7つの構成で36メーカーを紹介します。

ベビー用品業界のことが分からなくてもご理解いただけるように、優しい解説も付けました。安心して読み進めましょう。

もし出産祝いが初めての方は、先に「出産祝いの金額相場とは?」「いつの時期に贈るのがベストか?」を読むと良いでしょう。

続きを読む

男の子向けの出産祝い!もらって嬉しい最高の贈り物22選

家族や親しい友人に男の子の赤ちゃんが生まれた時、どんな出産祝いを贈るべきかけっこう悩むと思います。

そんな時、プレゼントをもらう側の状況がイメージできると「こんなプレゼントが喜ばれるかも」と自然とアイデアが湧いてきます。

まず男の子を授かったほとんどのママさんは、

  • 生後しばらくは男の子らしいお祝い物を側におきたい
  • 首が座ってくると男の子らしい洋服を着せて一緒に散歩したい
  • ハイハイができるようになったら動きやすい洋服を着せたい

など、おそらく男の子の色味でデザインされたものを「我が子に与えたい」とママやパパは考えます。

ここでは、当記事ライターの私が楽天市場をひたすら20時間ほど閲覧して、まとめた“出産祝い情報”を主にご紹介します。

もし出産祝いについて何もかもが初めての方は「出産祝いの金額相場」「いつ頃贈るのがベストか?」を先にご覧いただくことをお勧めします。

続きを読む

出産祝いの絵本!100万部ベストセラーの厳選11選

「日本人のほとんどが納得する絵本とは?」この質問に対して、あなたはどのような絵本を挙げますか?

特に赤ちゃんがいる家庭にとって、絵本は親子のコミュニケーションを高めるツールとして非常に重要です。

また絵本はページ数が少ないわりに価格が高いので、プレゼントされると ほとんどのご家族は喜ぶこと間違いありません。

そこで、ここでは赤ちゃんを本当に夢中にさせる絵本を探すため、次の3つの条件で調査しました。

  • 発行部数が100万部以上
  • Amazonのカスタマーレビューが平均点4.0以上
  • 読者の対象年齢が0〜1歳まで

その結果をランキング形式でご紹介していきます。

特に出産祝いのプレゼントに悩んでいる方は参考になる情報です。

今回、初めて出産祝いを贈る方は、まず「出産祝いの金額相場」「いつ頃贈るのがベストか?」を読んでおくと良いでしょう。

続きを読む

出産祝いギフト!おむつケーキを徹底して選りすぐった28選

出産祝いとしておむつケーキは、生後間もない赤ちゃんとママをサポートする実用的なプレゼントとして人気が高いアイテムです。

ここでは次の4つの構成で28種類のおむつケーキを紹介しています。

ベビーブランドや幼児向けキャラクターなど、初めての方が読んでも分かりやすいように、丁寧に解説しています。

安心して読み進めて、お気に入りのおむつケーキを見つけましょう。

ちなみに、出産祝いを贈るのが初めての方は「出産祝いの金額相場」「いつ頃贈るのがベストか?」を先に読んでおきましょう。

続きを読む

出産祝い用のカタログギフト、6社分を徹底比較した結果

たくさんのカタログギフト専門店の中から、ママさんや赤ちゃんに喜んでもらう最高のカタログを探すのは大変ですよね。

そこでここでは、検索サイトで調査した結果、カタログギフトを取り扱う信頼のある6社を中心に、次の3つのポイントを徹底的に比較しました。

  • 取り扱い商品数が充実していること
  • 有効期限が比較的長いこと
  • 送料が安いこと

その結果をご紹介してまいります。素晴らしいカタログギフトを贈るヒントになることは間違いありません。

続きを読む

【保存版】出産祝いの金額相場は?マナーと時期|親族・友人・会社の場合

出産祝いの金額相場って、いくらぐらいがベストなのでしょうか?

最初に結論を言いますと、下記の通り一般的な相場は、贈り手側ごとにだいたい決まっています。

  • 父親・母親:1万円〜10万円
  • 兄弟・姉妹:5,000円〜3万円
  • 祖父・祖母:3,000円〜1万円
  • 親戚:5,000円〜(従兄弟:3,000円〜)
  • 友人・知人:3,000円〜5,000円
  • 会社関係・同僚:3,000円〜5,000円

この情報は冠婚葬祭に関する複数の書籍、私が10年以上前からお世話になっている冠婚葬祭サイトの情報を元に整理した内容です(※)

ここでは金額相場の理由とマナーや注意すべき点、そして出産祝いを贈る時期について、分かりやすく解説していきます。

(※)参考書籍: 一条 真也 [著]/日本儀礼文化協会 [監修]『決定版 冠婚葬祭入門』、伊勢丹[著]『伊勢丹の最新儀式110番』、参考サイト:生活情報サイト『冠婚葬祭マナー&ビジネス知識』さん

更新情報について
2016年11月17日に一部情報の更新、そして「「のし袋」の書き方」を追加しました。

続きを読む

出産祝いを贈るベストな時期とは?答え「10日後~1ヶ月後」

出産祝いは退院した産婦が落ち着いた頃に贈ります。だいたい10日後~1ヶ月後が良いでしょう。

この理由として、次の2つの日本古来の習わしが関係しています。

  • お七夜(おしちや)
  • お宮参り(おみやまいり)

初めての方でも分かりやすいように1つ1つ順を追って解説していきます。安心して読み進めてください。

続きを読む

兄弟・姉妹への出産祝いの相場は?現金が良い3つの理由【保存版】

幼い頃からずっと一緒だった兄弟・姉妹に赤ちゃんが生まれると感慨深いですよね。

そこで気になるのが出産祝いの金額相場ですが、一般的に「5,000円〜3万円」のようです。

金額の範囲が広いのは、次のように年齢別に分別すると理解しやすいです。

  • (あなたが)20代の独身者:5,000円〜
  • (あなたが)30代以上の独身者:10,000〜
  • (あなたが)30代以上の既婚者:30,000円

この相場の根拠は、冠婚葬祭に関する複数の書籍や老舗の冠婚葬祭サイトの情報(※1)を元に整理しました。

ただ冠婚葬祭のプロの情報を元にしているとはいえ、これはあくまで世間一般的な相場だとご理解ください。

ここでは兄弟・姉妹へ贈る出産祝いについて、次のポイントで解説していきます。

  1. 現金の方が良い3つの理由
  2. 出産祝いの金額相場
  3. 2人目以降の出産祝いの相場
  4. 双子の時の出産祝いの相場
  5. 出産祝いを贈る時のマナー
  6. 出産祝いを贈る最適な時期
  7. 出産祝いプレゼントを渡したいあなたへ
  8. おまけ:企業が考える金額相場とは?

初めての方が読みやすいように解説しています。安心して読み進めましょう。

※1.出産祝いの相場の根拠
相場金額の根拠として、以下の書籍とサイト情報を参考にしました。

決定版 冠婚葬祭入門』一条 真也 (著)/日本儀礼文化協会 (監修)、『伊勢丹の最新儀式110番』伊勢丹(著)、生活情報サイト『冠婚葬祭マナー&ビジネス知識』さん

※2.更新内容について
2017年3月6日:出産祝いプレゼントの変更、2016年12月2日:「のし袋の書き方」の追加

続きを読む