出産後に最もベストな髪型はショート?ロング?8つの例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産を機に育児のことを考慮して「髪型を変えようかな」と考えるママさんは多いかと思います。

そこで結論ですが、産後にベストな髪型は、自分の慣れたヘアスタイルが良いようです。

ここではその理由とさらにショートヘア、ロングヘアの特長を洗い出し、「どんな髪型がベストなのか?」を深掘りしていきます。

初めての方でも分かりやすく解説していますので、安心して読み進めてください。

[スポンサーリンク]

 

1.自分の慣れた髪型が良い理由

それでは、なぜ自分の扱い慣れた髪型が良いのかを、まず実際のママさんたちの生の意見を見ていきましょう。

ママのためのお役立ち情報など、個性的なブログを運営する kirarimamaさんは、産後ママの髪型についてこう述べています。

自分が慣れているヘアスタイルの方がイイ!ということです。

こういっちゃ身も蓋もない感じですが、ホントこれが一番です。

ネガティブママができるだけ頑張ってみる「産後のヘアスタイル 楽なのは?」より

kirarimamaさんは、髪が長くても短くてもそれぞれのメリット、デメリットがあるので、そのデメリットに戸惑うくらいなら、自分が慣れている髪型の方が育児中も生活しやすい、というものです。

実際、kirarimamaさんのご友人は「髪型が短いと何もしなくて良いから楽」という方、「髪型が長いと何もせず縛っておけるから楽」という方など、それぞれの意見があったようです。

また2014年10月に出産した一児のママ、Ayakaさんの記事の抜粋です。

産後ママはどんな髪型でもできるだけ自分が扱いなれている髪型にすることがオススメ☆

4Yuuu!(フォーユー)「みんなどうしてる?産後のヘアスタイル♪」より

Ayakaさんは記事でショートヘア、ショートボブ、ゆるめのパーマをあてたロングヘアを紹介しています。

でも結局、ママさんご自身が扱い慣れている髪型の方が、育児やママの体の変化を考慮した上でもお勧めであることを指摘しています。

その他にも主婦のための口コミサイト『とくっち.com』の産後の髪型に関する回答の1つに、

慣れてるのがいちばんだと思います。慣れてないと、面倒だし、自分でも気分が良くないです。

私は、長いほうが楽と聞き、のばして、しばれるくらいの長さで出産しましたが、慣れて無いので、楽だとは思えなかったし、髪が長い自分が好きになれませんでした。

とくっち.com「0~2歳ママのお部屋 – 育児中の髪型」より

というものがありました。

やはり普段から慣れ親しんでいるヘアスタイルが一番楽なようです。

とはいえ、産後にショートヘア、またはロングヘアにすることをお考えの方のために、次ではそれぞれの特長を1つ1つ解説して参ります。

2.ショートヘアのメリット・デメリット

最初にショートヘアの良い点を挙げると次の通りです。

  • 授乳時や抱っこ時に赤ちゃんに髪がかからないため、世話がしやすい
  • 髪を洗ったり、乾かす時の時間が比較的短い
  • 産後、抜け毛がひどくなった時に掃除しやすい

赤ちゃんのお世話をするときに、赤ちゃんに髪が届かないので育児がしやすいというメリットがあります。

またお風呂で髪を洗う際、またお風呂上がりにドライヤーで髪をかわかすにもロングヘアと比べると時間の短縮ができます。

産後特有の症状として一時的な抜け毛があります。でも髪が短いと、その分抜け毛の量がロングヘアより少ないため、お掃除も楽です。

※補足:産後の抜け毛について
ちなみに産後、毛髪が抜け落ちる症状が現れますが、この原因は女性ホルモン(生理のリズムを整えて、妊娠・出産ができる体をつくる役割)の劇的な変化によるものだと考えられています。
産後1ヶ月は慣れない育児などのストレスで特に抜け落ちる量が多く、産後6ヶ月から1年程で自然に治まっていきます。

一方、ショートヘアのデメリットは次の点となります。

  • 外出前に髪がまとまらず、スタイリングに時間がかかることがある
  • 授乳時や沐浴時に、横から髪が垂れてきたら邪魔に感じる(イライラする)
  • 定期的に美容室に行かないと髪がボサボサになりやすい

お産後にショートヘアを考えている方は、このようなデメリットがあることも覚えておくと良いかもしれません。

続いてロングヘアの良い点、気になる点を見ていきましょう。

3.ロングヘアのメリット・デメリット

次にロングヘアのメリットを見ていきましょう。

  • セットに時間がかからない(結んでまとめるだけ)
  • 寝癖がつきにくい
  • 美容室に行く機会がなくても髪の崩れが目立たない

寝癖がつきにくく、セットも1つにまとめるだけなので時間がかからない。特に朝の時間はバタつくものですが、スタイリングに時間がかからず、すぐに外出できるのは良いですね。

また、産後は育児に追われてなかなかゆっくり美容室にいく時間もありませんが、ロングヘアなら当分行く必要はありません。

ただし、次のようなデメリットも覚えておきましょう。

  • 髪を洗う時、ドライヤーでかわかすのに時間がかかる
  • 産後、抜け毛がひどくなった時にそこら中に散らかる(掃除が面倒)

産後の抜け毛について、ショートヘアよりロングヘアの方が量が多いため、精神的なダメージを受けるママさんもいるようです。

4.髪型の色々イメージ8パターン

最後に、実際のママさんたちの髪型をイメージ写真で紹介します。ご自身のヘアスタイルに照らし合わせてみて、想像されてみてはいかがでしょうか!

1.セミロング その1

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001071555

2.セミロング その2

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001993781

3.セミロング その3

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001274293

4.ミディアム その1

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001537245

5.ミディアム その2

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001388881

6.ミディアム その3

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001140453

7.ボブヘア

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001547379

8.ショートヘア

出典:http://news.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L000357336

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[人気記事の紹介]
はじめてのマタニティパジャマの選び方

そもそもマタニティパジャマって必要なのでしょうか?


ここでは、マタニティパジャマに関する次のような素朴な疑問に分かりやすく解説しています。



  • マタニティパジャマは必要か?

  • マタニティパジャマの選び方

  • 病院にパジャマを持参する方へ


この他にも「大人可愛いマタニティパジャマ」「寒い季節のマタニティパジャマ」などご紹介していきます。


ママ仕様のパジャマ選びに興味のある方は、こちらからお読みください。





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*