39歳の私が選ぶ息子に絶対見せたい最強の洋画18選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当サイトのライターの1人、スズキです。2歳になる息子がいるアラフォーオヤジです。

以前の記事「39歳の私が選ぶ息子に絶対見せたい最強のアニメ23選」でアニメを愛する方々の逆鱗(げきりん)に触れ、大変なお叱り・ご指摘をいただきました。

また数々の貴重なご意見まで頂戴し、本当にありがとうございました。

一時的とはいえ、ソーシャルメディアからのアクセス数の急増は嬉しいものです。しかし、あの日ばかりは「神様、お願いです。もうアクセス数を日常に戻してください」と願うばかりでした。

さて、今回のテーマは「洋画」です。こればっかりは多少知ってるつもりです。

ここでは私が得意とする庭で、息子に見せたい映画をご紹介していきます。

[スポンサーリンク]

 

※ 掲載している洋画は「息子に夢を信じ続けて欲しい」という願いから選びました。私が小学生低学年の時期、特に80年代前半はSF映画が主流で、よく子供たちを興奮の渦へと誘っていました。私の場合、夢=SF という思考になっています。

1.バック・トゥ・ザ・フューチャー

Back to the Future (1985年)


画像引用元:IMDb Photos with Michael J. Fox, Christopher Lloyd

天才科学者がスポーツカーをタイムマシンに開発し、主人公の青年がそれに乗って30年前にタイムトラベルする話。

私が一番大好きなSF映画です。ママが実の息子に恋をする、というタブーをコミカルに仕上げた所が良いです。

2.E.T.

E.T.(1982年)


画像引用元:IMDb Photos with Drew Barrymore

宇宙人と子供たちの交流を描いた作品。E.T.の鼻がブルドッグみたいで絶妙に可愛い(笑)

スピルバーグ監督の作品の中で最も好きな映画です。今では宇宙人と簡単に接触することがどれだけ恐ろしいことか分かります(地球に存在しない恐ろしい病気を持ってるかもしれないし・・)。

3.SUPER 8/スーパーエイト

Super 8 (2011年)


画像引用元:IMDb Photos with Kyle Chandler, Ron Eldard, Elle Fanning, Joel Courtney

最近、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 」で大ヒットをかました J・J・エイブラムス監督の作品です。

私の中では「E.T.」+「スダンド・バイ・ミー」というイメージです。笑いあり、衝撃あり、感動ありの最近のSF映画の中でかなり好きな映画です。

エンドタイトルが流れながらのサービス映像も良かったですね。

4.第9地区

District 9(2009年)


画像引用元:IMDb Photos with Sharlto Copley

地球に難民としてやってきた宇宙人と、その彼らを抑圧する人間の対立を描いたSF映画です。

この映画は期待していなかった分、めちゃめちゃ良かったです!

作品の中で「人間 VS 宇宙人」の対立関係が実は「富裕層 VS 貧困層」を揶揄していて、南アフリカ共和国の以前存在した差別政策が元になっているとか。

5.トランスフォーマー

Transformers (2007年)


画像引用元:IMDb Photos with Shia LaBeouf, Megan Fox

金属生命体「トランスフォーマー」たちが “人類の見方” VS “悪いヤツら” という構図で、地球を舞台に激しく戦います。

トランスフォーマーの元はアメリカのアニメです。でも実は変形型の日本オモチャをアメリカの会社が業務提携して北米で販売したところ、爆発的に売れて日本に逆輸入してきたようです。

私はこの1作目がシンプルで分かりやすく、面白かったです。

6.インデペンデンス・デイ

INDEPENDENCE DAY / ID4(1996)

地球を侵略する宇宙人系の作品です。

この宇宙人VS人類の飛行機を使った戦闘シーンがあるのですが、とても迫力がある半面、宇宙人が強すぎて「か、勝てるのか・・」と不安に感じたのを覚えています。

7.アイアンマン

Iron Man (2008年)


画像引用元:IMDb Photos with Robert Downey Jr.

最初はタイトルで見るのを渋ったのですが、見たら大好きになりました。

「マーベルコミック」で実写化された映画(X-MEN、ハルク、アベンジャーズ、ゴースト・ライダーなど)は面白いものばかりですが、「アイアンマン」は私の中でダントツですね。

金持ちで女好きで頭も切れる、という人間らしいところが共感できてはまったのかもしれません(実際、他のヒーローは人間離れしてる・・)。

8.アイランド

THE ISLAND(2005年)


画像引用元:IMDb Photos with Ewan McGregor, Scarlett Johansson

富裕層のためにクローンを作って臓器提供するやばい企業を題材にした近未来SFアクションです。

トランスフォーマーシリーズを監督するマイケル・ベイの隠れた名作だと思っています。あと「ザ・ロック」も好きです。

9.ガタカ

GATTACA(1997年)


画像引用元:IMDb Photos with Ethan Hawke, Uma Thurman

遺伝子操作によって産まれた優秀な人間。一方、自然出産で欠陥品とされる人間の二極的な差別社会を描いた近未来SFサスペンス。

低予算で有りながら心に残る映画です。あまりに はまってサントラまで購入しちゃいました。

今でこそ大スターのジュード・ロウが、この作品で印象に残る演技をしています。

10.マトリックス

THE MATRIX(1999年)


画像引用元:IMDb Photos with Keanu Reeves, Hugo Weaving

普段何気なく生活しているが、これが作られた擬似的な世界だとしたら?

最後のシーン、主人公ネオとトリニティの2人がビルに入って暴れまくるシーンは映像の迫力と音楽がマッチしてすごく興奮したのを覚えています。

1作目が一番シンプルで見やすくて好きです。仮想空間と現実を行ったり来たりするシーンは見物です。

監督は今や“兄弟”ではなく、2人とも性転換して“姉妹”になってしまいました。

11.ブレードランナー ディレクターズ・カット(最終版)

BLADE RUNNER(1982年)


画像引用元:IMDb Photos with Harrison Ford

反乱を起こし人間社会に紛れ込む人造人間を処刑するのが、専任捜査官“ブレードランナー”。アメリカでは、SF映画の金字塔と評されているようです。

この作品は初期の劇場公開版、インターナショナル・バージョンなど5つの異なるバージョンがあります。

私は劇場版は小さい頃にテレビで。リドリー・スコットが自ら手がけた「ディレクターズ・カット(最終版)」は高校生の時に見ました。後者の方が好きです。

12.ターミネーター2

TERMINATOR 2: JUDGMENT DAY(1991年)


画像引用元:IMDb Photos with Arnold Schwarzenegger, Edward Furlong

最強の殺し屋サイボーグ “ターミネーター” VS (作品中で)最新のターミネーターとの壮絶なバトルを描いた作品。

カリフォルニア州の州知事になる前のシュワちゃんの代表作ですね。最近、話題となったアルファ碁に関係する内容かも知れません。

個人的には1作目が好きなのですが、暗いしちょっと怖いので、こちらの2作目の方を選びました。

13.プレデター

PREDATOR(1987年)


画像引用元:IMDb Photos with Arnold Schwarzenegger, Sonny Landham

人類(軍人)VS 宇宙人のバトル系です。

当時、シュワちゃんの「コマンドー」とか戦闘モノの映画が公開されていたので同じモノかと思ってみたら全然違う!プレデター強すぎる!とても楽しめた作品です。

14.オール・ユー・ニード・イズ・キル

Edge of Tomorrow (2014年)


画像引用元:IMDb Photos with Tom Cruise, Emily Blunt

桜坂 洋さんのライトノベルに惚れたワーナー・ブラザースが300万ドルで契約して、トム・クルーズ(当初はブラピという話も)を主役にしたSF映画です。

とにかく説明が難しい映像力がやばいですね。ぜひ、息子に見てほしいです。

15.ディープ・インパクト

DEEP IMPACT(1998年)

ある日、隕石が地球に落下して・・パニック・ディザスター・ムービーです。

まだ「ロード・オブ・ザ・リング」出演前のイライジャ・ウッドが主役で初々しいです。

あとオバマさんが大統領になる前に、黒人大統領を演じたモーガン・フリーマンも感慨深いです。

16.オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

ODD THOMAS(2013年)


画像引用元:IMDb Photos with Anton Yelchin, Addison

「やべぇ、オレだけなぜか死者が見える・・」いわゆる霊能力系の映画です。

これ全然期待していなかったからか、すごく良かったし、感動しました。

17.クロニクル

CHRONICLE (2012)


画像引用元:IMDb Photos with Dane DeHaan

映画「クローバーフィールド」のような、手持ちカメラで撮影したドキュメンタリー(この撮影手法を何というのでしょうか?)です。

最初はちょっとした超能力なのですが、後半はやばかったです。まるで実写版アキラの切れた鉄雄?

期待していなかったので、めちゃめちゃ楽しめました。

18.スターゲイト

STARGATE(1994)


画像引用元:IMDb Photos with Kurt Russell, James Spader

エジプトで発見された謎の遺跡“スターゲイト”を中心に、それを管理する組織の隊員達が織り成すアクション作品です。

カート・ラッセル(写真右)がまるでストIIのガイル・・

あとがき

「なぜスターウォーズがないんだ??」とおしかりをいただきそうですね(汗・・)。

実はエピソード1が公開される前にエピソード4の特別編を劇場で見ました。その時、正直「面白い」と感じることが出来ず、子供の頃の感動がなくなっていました。

それならばエピソード1・2・3があるでしょ、と言われそうですが、戦闘シーンがうるさすぎて子供に負担かと思い、今回はお勧めから落としました(個人的にはエピソード3が一番好きです)。

追記情報

先ほど、冒頭にSF映画縛りの理由を追記しました。mugi-yamaさん、ご指摘ありがとうございました。

39歳の私が選ぶ息子に絶対見せたい最強の洋画18選

どこにも書いてないけどSF縛りなの?

2016/04/15 21:46

gyraseさん、教えていただきありがとうございます!

39歳の私が選ぶ息子に絶対見せたい最強の洋画18選

“手持ちカメラで撮影したドキュメンタリー(この撮影手法を何というのでしょうか?)”「POV」です。http://d.hatena.ne.jp/keywordtouch/POV

2016/04/16 04:32

この手法は「POV(ポブ・”Point of view”の略)」と呼ばれているようです。このような映画が「POV方式で撮影された映画まとめ」でまとめられています。

ultimate-ezさん、コメントありがとうございます。

39歳の私が選ぶ息子に絶対見せたい最強の洋画18選

グーニーズとネバーエンディングストーリー、きっとうまくいくは見せたいな。あとはトイストーリーをアンディの年齢に合わせて見せてあげたい。大学進学で巣立つ息子を泣かせてやるんだ!

2016/04/16 03:22

グーニーズとネバーエンディングストーリーは2つとも見ました。当時(小学3年生)見てすごい好きでした。ただかなり記憶が薄くなっていて・・もう一度見直して、子供に見せるかどうか考えますね。

「トイストーリー」は見せたい映画です。見せたいアニメをまとめるときに含めようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[広告]
今話題のディズニー英語の無料サンプルがもらえる

ウォルト・ディズニー・カンパニーが正式に認めた唯一のこども英語教材の「ディズニー英語システム」です。


幼少期から学べるディズニー英語システムのポイントは次の3つ。



  • 語学を一番吸収しやすい赤ちゃんの時期からのバイリンガル学習が可能

  • 英語が苦手なママ、パパでも、母国語形式のDVDを見せるだけで英語脳が育つ

  • 赤ちゃんが教材を破いたり壊しても無料交換保証


今なら無料サンプルがもらえます!


興味のある方はまずディズニー英語サイトの公式ページをご覧ください。





SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*